キャッシングの金利について|在籍確認なしの消費者金融

消費者金融よりも銀行の方が金利が低い

少額を借りてすぐに返済できれば無利息で融資してくれるサービスを行っている所もありますが、そうでない場合はお金を借りたら利息を合わせた金額を最終的に返済しなければなりません。
現在では「利息制限法」という法律の規定で10万円未満の場合は年利20%、10〜100万円未満の場合は18%、100万円以上は15%と上限金利が決められており、貸金業者はこれ以上の金利で貸し出すと罰則が適用されます。

 

基本的に銀行の方が貸金業者よりも金利は低く設定されていますが、審査に時間がかかる傾向はあるようです。
もちろん高額を借りる時ほど金利が低い方が最終的な返済額が少なくなるため、このようなできるだけ金利の低い貸金業者を選んだ方がよいでしょう。
特にキャッシング初心者の人は金利の負担は予想以上に大きいということがよく分かっていない人もいるようです。
インターネットでは貸出金利を一覧にしたサイトもありますので一度調べてみることをおすすめします。

 

>>消費者金融【在籍確認なしで即日融資】キャッシング会社紹介に戻る