債務整理とは?|在籍確認なしの消費者金融

債務整理の中にはマイホームを手放さなければいけないことも

多重債務について弁護士や司法書士などの専門家に相談することで「債務整理」をすることをすすめられる場合がほとんどです。

 

債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」といった手続きの他に、最も重い「自己破産」という手続きがあります。
どの手段を選択してもブラックリストに載ることになり、最大で5年程の間は新しくお金を借りたり、クレジットカードを作ることができません。
また手続きによっては家や車など価値のある財産を手放す必要もあります。
それでも債務整理をして債権者からの取り立てがストップし、借金が減額、もしくはゼロにすることができます。
そして働いて得たお給料で生活ができ、貯金をすることができます。

 

気持ちを切り替えて新しい生活をすることができるのは何よりも大きなメリットだと言えます。
自分にとってベストな対策を見つけるために、また家族や周囲の人に迷惑をかけないためにも早めに専門家に相談することをおすすめします。

 

>>消費者金融【在籍確認なしで即日融資】キャッシング会社紹介に戻る