個人信用情報機関とは?|在籍確認なしの消費者金融

ブラックリストに載ると様々なデメリットがある

借金の返済に3か月程度遅れるとその情報が「個人信用情報機関」という所に登録され、これを「ブラックリストに載る」と言います。
現在日本には個人信用情報機関が3つありますが、一度ブラックリストに載ると数か月から最大で10年程は新しくキャッシングに申し込んだり、クレジットカードを作る申し込みをしても審査には通過しにくいでしょう。
貸金業者はいつでもこの情報をチェックするため、どこに申し込んでも同じことです。

 

またブラックリストに載るケースは他にも携帯電話代金を大幅に滞納したり、一ヶ月以内に3件以上のキャッシングに申し込んで全て断られたり、自己破産などの債務整理をした場合などもあります。
ちなみにキャッシングに1度でも申し込んだ場合やお金を借りて遅れることなく返済した場合でもこの情報が登録され、これらの情報は一生残ります。
もちろんブラックリストに載ったわけではないので今後のキャッシングの利用に影響が出るわけではありません

 

>>消費者金融【在籍確認なしで即日融資】キャッシング会社紹介に戻る